<< 8/11(土) 5年4年3年 U11 てんびんカップ(東近江市おくのの公園) | main | 8/12(日)U12ダイヤモンドカップ(JRA栗東トレセン総合G) >>
8/12(日)4年3年2年1年 U10ダイヤモンドカップ(JRA栗東トレセン総合G)
0
    今日はダイヤモンドカップが開催されました。高学年はU12、4年以下はU10に参加しました。


    第一試合
    晴嵐 7‐0 栗東
    得点者  タクマ1点、リオ1点
                  ハクト2点、ソウマ3点
     
    前半は攻められる場面も見られましたが、みんなでよく守り0点におさえました。タクマとコウノスケが何度もゴールをねらいますが、相手に阻まれなかなか決まりません。もどかしい試合展開のまま前半終了。後半、タクマの先制ゴールで晴嵐が波に乗りました。リオ、ソウマ、ハクトが立て続けにシュート。気がつけば7点という、さい先いいスタートとなりました。
     



    第二試合
    晴嵐 0‐4 大塚
    このまま波に乗りたい晴嵐。でも、なんだか様子がおかしい。1試合目の時より日差しが強くなり、体力を奪われたのか声が出ていません。PKをとられ、先制点を許してしまいます。前半後半通して相手が1枚も2枚も上手に感じました。



     
    第三試合
    晴嵐 2‐5 花山
    得点者  リオ1点、ソウマ1点


    気持ちを切り替えて望みたい第3試合。パスを繋がれ先制点を許してしまいます。このままズルズル取られるか、それとも食い止められるか…シュート数は晴嵐も多いのに決定力不足の目立つ試合でした。
     



    第四試合
    晴嵐 2‐1 石部南
    得点者  リオ1点、ユウト1点


    なんとか勝って笑顔で終わりたい。応援にも力が入ります。高学年も試合が終わり、応援もパワーアップします。
    前半、タクマ、リオが何度もゴールを狙いますが、相手のゴールキーパーのナイスセーブでなかなか決まらず0点のまま前半終了。後半、攻められる場面が続きますが、キーパータクマのナイスセーブで切り抜けました。ゴール前でのピンチを切り抜け、チャンスをつかみますがそのチャンスをうまく活かせず、1点が遠い試合展開。せめて1点。同点でもいい。とにかく1点欲しい。みんなで祈るように見守る中、ユウトがゴール。その後も攻防が続き、ファインプレイのたびに応援席から「惜しい」「ナイス」「ワァ」の声が響きます。このまま同点で終わるのか・・・と思った時リオがゴール。コート内もコート外も「ヤッター」の声が響きました。苦しい場面の多かった第四試合。でも、不思議とプレイ中の子どもたちの表情は楽しそうに見えました。「サッカーが楽しい」その思いが伝わってくるほどイキイキしていました。



     
    結果は2勝2敗。この猛暑の中、よく頑張ったと思います。まだまだ課題はありますが、「サッカーが好き」という思いを胸に、これからの練習に励んで欲しいです。



    Nコーチ、暑い中、審判とご指導ありがとうございました。
    育成の皆さんもお疲れ様でした。
     
    YU母
    カテゴリ:- | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.seiransss.net/trackback/1156
    トラックバック